電話番号 097-538-7155

〒870-0035 大分県大分市中央町2丁目7-22

大分市の医療法人博敏会 吉岡メンタルクリニック:心療内科や精神科のご案内

Q&A


HOME»  Q&A»  Q&A»  社会不安障害

社会不安障害

社会不安障害

社会不安障害

ほとんどの人が、いろんな人と自然に接して楽しく過せたら、と感じていると思います。しかし実際は、それがなかなか出来ず、そんな自分が情けなくて劣等感を感じている方もいるようです。
特に初対面の人に対して、強い緊張感を感じたり動悸がしたり、頭の中が真っ白になって何を話したら良いのか分らなくなり、自然に振舞うことが出来なくなってしまう人がいます。そんな人は劣等感に苦しみながら、周りの視線を過剰に意識し、常に自分はどう思われているのかということが気になって、被害的な気持ちが強くなり、誰にも相談できずに一人で悩んでいることも多いようです。このように、ある状況になると強い緊張感を感じて自然に振舞うことが出来なくなることを「社会不安障害」といいます。

人前では緊張して話が出来なくなる。人に見られている状況では、手が震えて字が書けなくなる。家族以外の人と会食をすると緊張して箸などが持てなくなるなど、いろいろな症状があり、このような場合、「社会不安障害」を発症している場合があります。ではどうしてこんな症状になるのでしょうか。それは、すごく神経質で完璧な自分を求めてしまう傾向のある人が、過去に恥ずかしい思いをしたり、つらい思いをしたことが原因になっていることが考えられます。
誰でも人と接するとき、それが初対面の人であれば、なおさら緊張するものです。

本来はその事を意識しないようにしていけばいいのですが、もしそれが難しいようであれば、薬を飲むことで緊張を和らげることができます。うまく薬を利用しながら人と関わることへの苦手意識を捨てて、積極的に人と接していくように心がけることで、少しずつ克服することが出来るはずです。

2015-08-05 10:50:10

Q&A

 
pagetop